超高圧水による石綿含有外壁塗材

業務紹介

はじめに

平成26年に、「日本建築仕上げ工業会」により従来の外壁塗材(仕上塗材、下地調整材)にはアスベストが含まれているとの発表があり、現在まで新たなガイドラインやマニュアルが整備されてきました。以来、各所での施工実績を踏まえ、令和3年に法律が改正されました。

今後、周辺住民への環境配慮や、作業員に対しての健康被害を考慮した施工がより不可欠になっていきます。当社の施工システムは、超高圧水によるアスベスト除去の為、より一層効果が得られると確信しています。

当社の優位性

現状で多く採択される集塵装置付きディスクグラインダー工法は、各所の報告によるとアスベストの飛散が高いと言われています。そういった状況から、令和3年4月以降は、隔離養生を行い湿潤状態での施工が義務付けられます。当社の施工システムは超高圧水を使用した水圧での施工の為、アスベスト除去工事においての原理原則である常時湿潤状態が維持できる安全かつ効果的な工法です。

今後採択される理由

ディスクグラインダー等の電動工具を使用する工法では、湿潤状態で隔離が必要になる為、集合住宅等での作業では、隔離内で住人による開口部の開け閉めができなくなります。

当社の集塵装置付き超高圧水洗工法隔離不要な為、今後より高く評価され、他工法より採択されると予想できます。

TEM'S外壁アスベスト超高圧除去システムと他工法の比較

工法 特長
(1)剝離材使用工法
(下地材撤去共)
外壁塗材(表層)を剥離剤にて除去後に下地材をディスクグラインダー(コンクリート研磨機)で除去。
剥離剤に有害物質が含有している為、作業員に対し健康被害の恐れがある。
ディスクグラインダーによる削り作業時は、隔離養生を行い湿潤状態での作業となります。
(2)研磨機使用工法
(下地材撤去共)
剝離材を使用せず、外壁塗材(表層)と下地材をディスクグラインダー(コンクリート研磨機)で除去。
また、ディスクグラインダーによる削り作業時は、隔離養生を行い湿潤状態での作業となります。
(3)石綿含有外壁塗材
(下地材)
超高圧洗浄による除去工法
超高圧ポンプより送られる高圧水で既存塗材と下地材を同時に除去し、汚染水も除去機具の先端にバキュームホースを装着できるため、その場で処理が可能。
1工程のみの作業で費用も抑えられ工期の短縮も見込めます。
なおかつ水の圧力により除去する為、粉じんが発生しにくく、隔離養生不要での作業となります。

施工の様子

  1. 施工前状況

    施工前状況
  2. 施工後状況

    施工後状況
  3. 施工風景

    施工風景
  1. 施工前状況

    施工前状況
  2. 施工後状況

    施工後状況
  3. 高圧ポンプ車

    高圧ポンプ車

アクセスマップ

有限会社TEM'S

〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町3438番地
tel. 072-276-7766 / fax. 072-276-7765

© 2016 TEM'S CO.,LTD.

pagetop