アスベスト除去Asbestos removal

飛散性のアスベストの廃棄物は、廃棄物処理法により
一般の廃棄物より厳重な管理が必要となる
特別管理産業廃棄物に指定されています。

アスベスト(石綿)は、耐熱性・耐摩耗性・耐腐食性などに優れるため、日本では長らく建設資材・電気製品・自動車・家庭用品などのさまざまな用途に幅広く使用されてきました。
元々は、天然に産する蛇紋岩系および角せん石系の繊維状鉱物のことで、種類は、蛇紋岩系のクリソタイル(温石綿または白石綿)、角せん石系のクロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)などがあります。
平成7年4月にクロシドライトとアモサイトの使用が禁止され、平成16年10月よりクリソタイル含有石綿製品10品目の製造が禁止されました。
平成20年2月6日付けで、厚生労働省からトレモライト・アンソフィライト・アクチノライトの3種類が追加されました。
以下は、TEM'Sが行っているアスベスト洗浄作業の流れです。
施工にあたっては、安全・環境配慮のため、定められたチェックリストを用いて作業を進めます。

除去に至るまでの流れ

養生状況

セキュリティゾーン設置

官公庁立会

吹付け石綿の除去

廃石綿袋詰め

粉じん飛散防止剤の吹付け

養生シート撤去

事前準備
1

工事計画・要領書作成・必要機器、資材の準備

2

床面養生

3

壁面養生(天井面養生)

4

セキュリティゾーンの組み立て・設置

除去作業
5

粉じん飛散抑制剤の散布

6

吹付け石綿の除去

7

除去した石綿の袋詰め

8

除去した面への粉じん飛散防止剤の吹付け

9

養生シート面への粉じん飛散防止剤の吹付け

10

壁(天井)養生シートの撤去

11

床養生シートの撤去

12

養生シートなどの場外搬出

13

検査

14

最終清掃

15

完了